お薦め

重曹パック

毛穴の黒ずみは今や男女共通の肌の悩みだと言えます。

最近では、市販の粘着タイプの黒ずみパックなどが良く売られていますが、
これをしたことにより、余計に毛穴が開いたり、
粘着力が強すぎて剥がす時に肌を痛めてしまったなどの問題も少なくありません。

では家庭で簡単に頑固な黒ずみを落とすにはどうしたらよいのでしょうか?
実はエステなど高額なケアをしなくても黒ずみを落とす方法があるのです。

それは、料理や掃除などに使用される「重曹」です。
重曹は炭酸水素ナトリウムでアルカリ性ですが、昔から料理のふくらし粉や、
食器や、シンクなどの掃除に使われるなど人体に影響のないものとされ使用されてきました。
日本ではあまり美容に重曹というのは、馴染みがありませんが、
海外では医療分野で使用されたり、パックで使用されることは珍しくないようです。

ではこの重曹を使ったパックの作り方ですが、
まずスーパーやドラッグストアなどで売られている重曹を大さじ二杯程度取り、
水とあればガスールを混ぜ合わせ粘り気が出るまで混ぜ合わせます。
ガスールがない場合はオイルなどでも良いでしょう。
そして黒ずみが気になる小鼻などに添付し10分程度パックします。
そしてパックを剥がし、重曹が肌に残らないように、ぬるま湯で十分に洗い流し、毛穴を閉めるように化粧水と乳液で整えます。
これを一週間~二週間に一回程度行うようにすると毛穴の黒ずみが目立ちにくくなります。

しかし、この重曹パックで気をつけなければならないのは、自分の肌に合うかどうかです。
肌に合わない場合や、傷などがある場合は重曹にも刺激はありますので痛みや腫れといった症状が出る場合があります。
もしパック中に痛みを感じた場合は使用を中止し、痛みや腫れが酷ければ医師に相談するようにしましょう。
そうならないためにも、予め皮膚の薄い部分でパッチテストを行っておくと安心して使用することが出来ます。

また効果が出たからと言って過剰にパックするのも肌に負担をかけますので必ず適度にするということを心がけるようにしましょう。